セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

影で支える「縁の下の力持ち」

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、 お伝えしたいことを載せて、
毎週月曜日に更新しております。

先週、日本中があのように大変な災害に見舞われるなどとは思ってもいませんでした。
災害に遭われました方々には心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平穏な日々が戻ります事を祈っております。
ご使用のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”が災害などで破損されたり、紛失されたりと
いうお客様がございましたら、販売された眼鏡店様はどうぞこちらまでご相談ください。
製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ

今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を影で支える 「縁の下の力持ち」達をご紹介いたします。
名前は、「ワッシャー」と「ネジ」 と申します。

DSC01049.jpg

眼鏡は、前枠 と つる をたたむための丁番(ちょうばん)と呼ばれるちょうつがいを使っています。
前枠に取り付けられた部分と、つるに取り付けられた部分をネジで組み合わせます。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、すべてのモデルの丁番にチタン素材を使用しています。
チタン素材は、軽く、さびにくく金属アレルギーを起こしにくいとされて、医療にも活用されていますが、
チタン素材同士が直接こすれあう場合は摩擦力が大きくなり、スムーズに動くことができません。
そこで、緩衝材として「ワッシャー」を使用しています。
前枠の丁番の穴部分 上側と下側の両方にこの「ワッシャー」を挟んでつるを組み合わせます。

DSC01060.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、「ネジ」は、特殊な緩みにくいネジ目を加工したネジを使用しています。
そして、さらにネジが脱落しにくいようにオリジナルの黒い樹脂を装着するようにいたしました。

「ワッシャー」も「ネジ」も、とても大切な働きをしてくれています。
目立たないけれど、なくてはならない存在なのです。

DSC01036.jpg

ご使用の眼鏡のネジを締めても、つるがパタパタと固定できない場合、
この「ワッシャー」がすり減っている場合がございます。
どうぞお買い上げの眼鏡店様へ一度お持ち込みください。
「ワッシャー」は交換が可能です。




このような眼鏡に、見て、触れて、お試しいただける機会をご案内いたします。
「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」

7月7日(土)~7月16日(月) 只今好評開催中でございます。
福岡県春日市惣利2丁目36 1F
めがねカントリー様
tel 092-589-2626

めがねカントリー様の4周年記念開催です。
どうぞ是非お出かけください。

20151215_1497936_convert_20151220181440.jpg




縁起の良い生き物とされる亀ですが、硬い甲羅で「世界を支えている」という伝説のある国がいくつもあるそうです。
藁と稲穂のこの祝亀も、とても頑張っているように見えて愛おしく感じます。

DSC01069.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --













テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2018/07/09(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<四角い形とか、丸い形とか 、というよりも。 | ホーム | 究極の薄さの中での「優しい」イメージです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/474-7d72e666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる