セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

眼鏡をお選びいただく時には。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、 お伝えしたいことを載せて、
毎週月曜日に更新しております。

再製作をたくさんの方にお待ちいただいておりましたモデルが出来上がりましたので、
早速ご紹介させていただきます。
これぞ正統派といっても過言ではないと思います。

AYUMI L-1010 col.5122 (アユミブルー) SIZE 52□16-143 

DSC00879.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”だけのオリジナルのカラー アユミブルーは、まるで深い海の様です。

DSC00932.jpg

AYUMI L-1010 col.5265 (トートイス) SIZE 52□16-143 

DSC00880.jpg

大海原を泳ぐ海亀の甲羅を模した伝統的な色は、光を通すと、まるでステンドグラスの様です。

DSC00888.jpg

AYUMI L-1010 col.0907 (アユミブラック) SIZE 52□16-143 

DSC00881.jpg

アユミブラックと呼ばれるこの漆黒は、まるで鏡の様です。

DSC00882.jpg

このモデルの特徴は、すっきりとしたスクエアな形と、つるの太さにあります。
左 : 今日ご紹介のモデル AYUMI L-1010 右 :参考 AYUMI L-1017

DSC00913_201806091422548c5.jpg

どちらも同じ AYUMI-L (ライトシリーズ)に属しており、究極の薄さを実現していますが、
持ち味は全く異なっています。
左 : 今日ご紹介のモデル AYUMI L-1010 右 :参考 AYUMI L-1017

DSC00920_2018060914225796c.jpg

-A Y U M I - L (ライトシリーズ)-
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。
プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く、
品質を保ちながら薄くできるのが特長。重さを感じさせない眼鏡。

それぞれの眼鏡には持ち味があります。
掛ける方がどのような雰囲気を望まれるかということで、眼鏡をお選びいただけます。
是非、実際にお顔に載せてみて、いろいろな雰囲気を感じていただきたいと思います。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける全国のお店様はこちらからどうぞ。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞお気軽にこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡へのお問い合わせ

こちら北陸地方もいよいよ梅雨入りとなりました。
雨の日は多くなりますが、気持ちは爽やかでいたいと思います。
皆様も体調管理にお気をつけください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --






テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2018/06/11(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<和の雰囲気でしっとりと | ホーム | “日本は、何と美しい。”と感じることができる眼鏡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/470-086048be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる