セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

4つのシリーズがあります。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、 お伝えしたいことを載せて
毎週月曜日に更新しております。

ここ数日に至っては、信じられないくらいの暖かさになりました。
積み上げられた雪が、どんどんと融けていくのを見るにつけて、雪に悩まされたことも忘れて
気持ちに余裕が出てきました。
この雪をなんとか夏まで保存できる方法はないだろうかなどと、あくなき構想を練ってみたり
しています。

私達の作る セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”には、4つのシリーズがあります。
全てのモデルは、それぞれの特長によっていずれかに分類されています。

4つのシリーズ
AYUMI - R (レギュラーシリーズ)
AYUMI - L (ライトシリーズ)
AYUMI - C (コレクションシリーズ)
AYUMI - S (サングラスシリーズ)

本日は、その中のAYUMI - R (レギュラーシリーズ)に属するモデルをご紹介いたします。

- AYUMI - R (レギュラーシリーズ) ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

AYUMI 047 Col..0610 (ブルーグレー) SIZE : 54□17-145

DSC00413.jpg

写真左側のセルロイドの生地から、この眼鏡が出来上がっています。
眼鏡の形に削り出され、磨き上げて艶を出しますと、美しい透け感が表れます。

写真 左:AYUMI 047 Col..0610 (ブルーグレー) SIZE : 54□17-145
    右:AYUMI 047 Col..0473 (ローストブラウン) SIZE : 54□17-145

DSC00451.jpg

このモデルのつるには、印象的なカッティングが施してあります。
見る角度によって表情を変えてくれます。
私達は、このシリーズで 大胆な眼鏡作り に挑戦し続けます。

そして、これ以外の3つのシリーズをご説明いたします。

-A Y U M I - L  (ライトシリーズ)-
職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ。
プラスチック素材の中でも、硬いセルロイドを用いているので形状変化に強く、
品質を保ちながら薄くできるのが特長。重さを感じさせない眼鏡。

-A Y U M I - C  (コレクションシリーズ)-
職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズ。
徹底的に、デザイナーと職人のこだわりを突き詰めたフォルムが特長。
個性溢れる独創的な眼鏡。

-A Y U M I - S  (サングラスシリーズ)-
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

このように4つの特長に分類された、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を
お試しいただけるお店様は、こちらです。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

また、ご不明な点やご質問がございましたら、どうぞこちらまでご連絡ください。

製造元 マコト眼鏡への問い合わせ



暖かな陽気に誘われて、出かけた越前海岸。
愛嬌ある干物達の姿に、港の活気が漲っていました。

DSC00358.jpg

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --







テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2018/03/05(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3つの新しいモデル −小顔の方のために− を発売いたしました。 | ホーム | 「艶」と「艶を消す」セルロイド眼鏡『歩』"AYUMI">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/454-e7b54376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる