FC2ブログ

セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

この白いラインだけは、眼鏡用のセルロイドではありません。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、お伝えしたいことを載せて
毎週月曜日に更新しております。

立春を迎え暦の上では春になりますが、本当に寒いこの冬です。
空気が凛と張りつめているように感じます。
今日はセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の中のクールビューティーとも言える眼鏡を
ご紹介いたします。

AYUMI 036 Col..5122W (アユミブルー/ホワイトライン) SIZE : 56□16-145

DSC00123.jpg

このアユミブルーと呼ばれる青いセルロイド素材は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”だけのために
特別につくられたオリジナルのカラーです。
一目見た時には黒かと見まごうばかりの色の深さですが、光を受けることによって青く青く輝きます。

DSC00109.jpg

そしてその深い青の間にある白いセルロイド素材は、実は眼鏡のためのセルロイド素材ではありません。
本来は、ギターのピックなどに使用されているセルロイド素材です。
まるで最初から一体だったかのように、丁寧に時間をかけてこれらを溶かし合わせて作ります。

このモデルは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、AYUMI-R (レギュラーシリーズ)に属しています。
- AYUMI-R (レギュラーシリーズ) ―
職人の手仕事による、究極のカッティングを追求したシリーズ。
重量バランスに配慮したカッティングが施されているため、見た目よりも軽いのが特長。
見る角度によって、表情が変わる眼鏡。

DSC00117.jpg

右上側は、AYUMI-L (ライトシリーズ)職人の手仕事による、究極の薄さを追求したシリーズ です。
左下側は今日ご紹介したAYUMI 036ですので、比べていただくとこのAYUMI-R (レギュラーシリーズ)の特長が
よりお分かりいただけます。

DSC00112.jpg

今日ご紹介したこの眼鏡は、数量を限定して作らせていただいておりますので、
まずお店様にお問い合わせいただいた上で、お出かけいただけますと幸いです。
このセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” を実際にご覧頂けるお店様はこちらです。

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様一覧

今週も強い寒気が日本列島を覆いそうです。
どうぞ暖かくしてお過ごしください。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。




-- セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております --











テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2018/02/05(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<この大雪の中で一番心強かった眼鏡は。 | ホーム | それぞれの持つ色合いと質感をご覧ください。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/450-0c9601f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる