セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

眼鏡を折りたたむことができるのは。

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき
誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、 毎週月曜日に更新しております。

いよいよ2017年最後の月がスタートいたしました。
遠くに見える山の頂は、もう白い雪をかぶっています。
ここ福井でも平地に雪が降るのはそう遠くないかもしれません。

AYUMI S101 col.1265(レッド) size: 55□16-143

S-101_C1265_(2)_convert_20170402135544.jpg

この眼鏡は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の分類では、A Y U M I - S (サングラスシリーズ)に属しています。
-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)-
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

DSCN4548.jpg

先週は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”が1枚の平らな板にカーブをつけて
作られるお話をさせていただきました。
実はセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を構成する部分としては、大きく二つに
分けることができます。
1つはカーブをつけて作られる顔面側の前枠部分、そしてもう一つはその前枠を
頭に固定させるためのつるの部分です。
この2つの部分は、それぞれ違った工程で別々に作られていきますが、
蝶番(ちょうつがい)というパーツ(眼鏡では丁番 ちょうばん と呼びます)
を組み立てることによって装着できる形になります。
この丁番(丁番)の存在によって眼鏡は、折りたたむことができるのです。
そして、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、この丁番を含む金属部分すべてに
チタン素材を使用しております。
チタン素材はご存知のように錆にくく、医療にも使用されています。

私達は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に使う素材を大切に考えています。
このような厳選した素材で出来上がりましたセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、
全国のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にてご覧いただけます。
また、このような催しも予定されておりますので、是非お出かけください。

「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」

12月9日(日)~12月17日(日)
東京都自由ケ丘
リュネットプラス 様
tel 03-6459-5559
*この機会では、2018年春に発売予定 歩L-1026.L-1027.L-1028 のサンプルを
いち早くご覧いただくことができます。

師走の慌ただしい時季ではございますが、ご自分のためのひと時も大切にされて、
お気に入りのセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に出会われます事を心より願っております。
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。



セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております。







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/12/04(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”はすべて、福井県鯖江市の自社工場にて職人たちが製造しております。 | ホーム | 平らな板のままでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”にはなれません。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/440-6ab6cfb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる