セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

Col.5265 トートイス ―鼈甲の思い出―

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき、
誠にありがとうございます。
このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、毎週月曜日に更新しております。

この度「個性溢れる独創的な眼鏡」である A Y U M I - C (コレクションシリーズ)に
加わったC-310です。
こちらは、以前 歩011 として大変好評をいただいたモデルをリニューアルしたものです。

出来上がったこの眼鏡を見ているうちに、以前お客様からいただいた思い出のエピソードを
久しぶりに思いだしました。
素敵なお話でしたので、今日は皆様にお伝えすることにいたします。

歩C-310 Col.5265 (トートイス)

DSCN4162.jpg

―― 私は、小学4年生頃からコンタクトレンズには目もくれずメガネと共に生きてきました。
もう半世紀以上の付き合いです。
これまで眼鏡フレームには無頓着で余り感心はなかったのですが、
つい最近新しく眼鏡を作る必要ができたので近所の眼鏡店を訪ねました。
沢山のフレームをこころゆくまで見せてもらい
2時間ばかりゆっくり選ぶ事ができました。
選んだ眼鏡のメーカさんが鯖江にあるという話や
福井県の次にメーカーが多いところは何処か?といった雑談などしているうちに
これ迄関心がなかったメガネフレームに興味を持つようになり、
眼鏡店さんのホームページを皮切りに
新しい眼鏡が出来上がってからもネットで毎日のように
いろんなサイトで自分に合うであろうフレーム探しをしてきました。
 私は長崎で生まれ、学校を卒業するまでの22年間を
この海の香りのする町で過ごしてまいりました。
その市内一番の繁華街に、「鼈甲細工」の有名店がありました
16歳の誕生日に、ある人からこのお店で作られた
オス・メス一対の小さなべっ甲細工の亀をいただきました。
「011 -5265」の写真を見た時、
いつも普段は鞄の奥深くに忍ばせてあるこの「亀」が脳裏に浮かんだのです
 昭和30年代半ばに初めて掛けた眼鏡はたぶんセルロイドだったのでしょう。
その頃は、親父に勧められた真ん丸のレンズが「格好悪いなー」と思いながらも従わざるを得ませんでした。
ですが、今、歩ayumi 011を見つけて
ふと懐かしい形のフレームに心踊る心持ちです。」――
歩C-310としてリニューアルした眼鏡(旧 歩011)にまつわるお客様の思い出のエピソードでした。

今回出来上がりました歩C-310には、このCol.5265(トートイス)に加えて他2色ございます。

歩C-310 Col.0907 (アユミブラック)

DSCN4147.jpg

歩C-310 Col.3024 (キハク)

DSCN4151.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”にまつわるエピソードをお持ちの方は、是非ご投稿くださいませ。
心ばかりですが、小さなプレゼントをご用意しております。
ご投稿は、こちらまで。お待ちしております。



「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」

<開催予定です>

6月24日(土)~7月2日(日)
福岡県春日市
めがねカントリー様
tel 092-589-2626

7月7日(金)~7月23日(日)
青森県八戸市
メガネアート八戸様
tel 0178-45-0178

この機会に、良い眼鏡にめぐりあっていただきたい と思います。
是非お出かけください。

また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。













テーマ:毎日を楽しむ♪ - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/05(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『歩』“AYUMI” 赤い色の効果とは。 | ホーム | 職人も眼鏡も、『歩』“AYUMI”らしく。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/411-42c146d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる