セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

『歩』AYUMI サングラスと 「明珍火箸 瞑想の間」体験

今週もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のページを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

このページでは、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の最新情報や、
お伝えしたいことを載せて、毎週月曜日に更新しております。

今日から5月です。
すでにゴールデンウイークのお休みに入られた方もいらっしゃると思いますが、
気温の高い日も出てきました。それに伴い日差しも強くなってきています。
大切な目を守るためにも、どうぞ良いサングラスをご使用ください。

私は、このゴールデンウィークの前半のお休みに、このA Y U M I - S (サングラスシリーズ)を掛けて
兵庫県姫路市まで出かけました。

歩S-102 Col.5122 (アユミブルー)/ レンズカラー:ブルーグラディエント

s_102_l_convert_20161203131418.jpg

私が、実際にA Y U M I - S (サングラスシリーズ)を掛けてみた感想です。
「このレンズが明るさを失わずに、眩しさを軽減してくれていることを実感しました。
このため、見えている風景がとても美しく感じられました。
『歩』“AYUMI”としての掛け心地は今までどおりですので、
掛けているうちに装着していることを忘れていました。」

(新緑の中のとても美しい姫路城)
DSCN4034.jpg

-A Y U M I - S (サングラスシリーズ)-
職人の手仕事による、目を紫外線から守ることを重視したシリーズ。
レンズを素材から製作しているプロが、自分のために作りたかったレンズを採用。
『歩』ならではの、軽さと掛け心地が特長のサングラス。

<このシリーズで使用するレンズにつきまして>
必要な光以外を遮断して視界を鮮明にする、偏光レンズを使用しています
更に偏光レンズに三種類のコートを施すことにより、
より視界を鮮明にする、汚れを落としやすくする、傷付きを防止する 
という機能を持たせました。

このモデルには、他に2つのカラーがあります。
歩S-102 Col.6050 (クリア)/ レンズカラー:ミディアムグレー

S-102_C6050_(2)_convert_20170402141348.jpg

歩S-102 Col.0674(アユミパープル)/ レンズカラー:グリーン

S-102_C0674_(2)_convert_20170402140336.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”お取扱店様にて、実際に掛けてお試しください。



実は姫路には、お城以上に行って見たい場所がありました。
それは、aeru room
セトレハイランドヴィラ姫路の中の一室を、㈱和えるさんがプロデュースされたものです。
 「明珍火箸 瞑想の間」という、この異日常の空間は、
忘れていた静かさと厳かさを思い起こさせてくれました。

DSCN4011.jpg

そしてひとたび目を移すと、そこにはほっとする心配りがありました。

image2_convert_20170430175405.jpg

薄暮の中でいただいたこころづくしのお料理や、眼下に広がった播州平野の美しい夜景もあわせて
忘れられない旅になりました。
皆様にも一度是非訪れていただきたい場所です。



<現在開催中です。>

「100種類のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”をお試しいただける機会」
4月29日(土)~5月7日(日)
千葉県成田市 ボンベルタ
光琳眼鏡店 様
tel 0476-26-1058
セルロイド眼鏡『歩』AYUMI サングラスを全種類お試しいただけます。
是非、お出かけください。
 
また、来週もどうぞこのページをお訪ねくださいませ。
お待ち申し上げております。









テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

  1. 2017/05/01(月) 10:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「偏光サングラス」 という表記は勝手に使えません。 | ホーム | 春の展示会にご来場いただき誠にありがとうございました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/406-63f905c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる