セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”で、見ていただく、聞いていただくこと。

本日もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

雪は残っておりますが、2月とも思えない暖かい日もあり、
戸惑うことも多いこの頃です。
気温の乱高下のせいか、風邪も流行っているようです。
どうぞご注意ください。

この度、富士フィルムさんの会報誌「いろどり」で取り上げていただきました。

DSCN3779.jpg

お客様の今と未来が美しく彩りにあふれたものであってほしい。と
健やかに輝く毎日を送っていただくための様々なヒントを届けている会報誌です。

DSCN3774.jpg

会報誌以外にも、こちらでも取材の様子が掲載されています。
このwebサイトは、会員以外の方でもご覧いただけます。

富士フィルム webサイト 「いろどり+フォト紀行番外編」

実際にかけさせてもらうと、
普段からめがねを愛用している編集部メンバーからも
「軽い!かけやすい!!ずり落ちない!!!」の声が続出。
個人にあわせた微調整をする前に、これほどのかけ心地とは驚きました。
― 編集者さんから、このようなコメントをいただきました ―



今までも誌面や画像で取り上げられ、見ていただくことは何度もありましたが、
今回は、聞いていただくという機会がありました。

ラジオ放送講座 いきいきセミナー
福井放送 FBCラジオ 
2月19日 午前6:30~7:00
小説「おしょりん」にみる
増永五左衛門像と眼鏡産地の変遷 という題材で
当社代表の増永昇司がお話させていただきました。



ラジオをスマートフォンや、パソコンでお聞きいただけます。
1週間前までの番組を聞くことや、通常ラジオで受信しない他のエリアのラジオ番組も聞くことができます。
ラジコ 

お話のベースとなった小説「おしょりん」は、
福井に眼鏡つくりを根付かせた、増永五左衛門とその弟 幸八の物語です。
とても良いお話です。

DSCN2601.jpg

当社の代表 増永昇司は、この増永五左衛門のひ孫になります。
現在100年以上の歴史を経て、ひ孫たちが眼鏡つくりを続けております。
そして、ものつくりに向き合う信念も変わらず受け継がれています。

このブログは、毎週月曜日に更新しております。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。








テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2017/02/20(月) 06:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一枚のセルロイドの板と、職人と。 | ホーム | ご用意できました。華やかな色の『歩』“AYUMI”です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/396-016f1e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる