セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

セルロイド眼鏡『歩』も、成人に向けて

本日もセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

今日は、成人の日。
ご成人おめでとうございます。
溢れるほどの物や情報に囲まれているこの現代は
何を大切に思うか、何を選ぶかという判断が、
とても大切な時代でもあります。

そんな新たな節目の今日は、
セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"の職人をご紹介するシリーズといたしまして
前回に引き続き、もう一人職人をご紹介させていただきます。

今日の職人は、増永 誠 (マコト眼鏡 会長)
眼鏡の祖 増永五左衛門を祖父に持ち、
眼鏡を作るということを誰よりも重く受け止めています。

topImage_convert_20161203131321_20170108152504ba9.jpg

削りあがったばかりの初々しい眼鏡に、丁寧にやすりをあてている様子は、
まるで命を吹き込んでいるように思えます。
「たくさんの眼鏡を作ってはいるが、お客さんが手にするのはその中の
たった1枚。だからどの1枚もおろそかにしてはいけない。」これが口癖です。

眼鏡に携わること60年余りとなった昨今では、
自分の手で作り出すということもさることながら、
次の世代、またその次の世代にその姿を見せながら、
セルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"の作り方を伝えることに力を注いでいます。

DSCN3609_20170108153039325.jpg

そして、祖父が決断しこの地に根付かせた眼鏡産業が、
この先も育っていくことを心から願いながら、
その姿を見せる事や、お話をすることで、少しでもその役に立つのならと
いろいろな取材をお受けしているようです。

DSCN3617.jpg

このたび掲載されました、この冊子につきましては、
福井・鯖江めがね 総合案内サイト
http://japanglasses.jp
までお問い合わせください。
このサイトでは、併せて福井県の風土の美しさも是非ご覧ください。

さて、今週は更にセルロイド眼鏡『歩』”AYUMI"の1つのモデルの再製作が出来上がる予定です。
大変お待たせいたしました。

歩 L-1018
l_1018_l_convert_20170108153501.jpg

新しいカラーも追加いたしまして出来上がります。
詳しくは、来週のブログでご紹介させていただきます。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。











テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2017/01/09(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出来上がりました。L-1018 3色でございます。 | ホーム | 新年は、人気品番の出来上がりから始まります。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/389-c0a0fdac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる