セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、チタンを使用しています。

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

9月が始まっています。
この頃は、夜になると虫の音が聞こえて、
いよいよ夏の終わりを感じます。
秋の足音とともに、今日ご紹介いたしますのは、
秋発売予定の新しいモデルの『歩』“AYUMI”です。
2モデルの内の1つです。

歩C-307 Col.1228 (グレイッシュピンク)

DSCN3233_20160904115512ec2.jpg

この眼鏡は、Cシリーズです。

『歩』“AYUMI” Cシリーズ(Colletion シリーズ)は、
職人の手仕事による、時代の流れを『歩』らしく反映させたシリーズです。
徹底的に、デザイナーと職人のこだわりを突き詰めたフォルムが特徴。
個性溢れる独創的な眼鏡なのです。

DSCN3219.jpg

現在はこのような形にまで出来上がっています。
前枠は、ちょうつがい(枠丁番と呼んでいます)が、埋め込まれています。
つるの部分は、ちょうつがい(腕丁番)を取り付けた芯が、セルロイドに打ち込まれています。
ここまで、前枠とつるは、別々の工程をたどって来ますが、
ここからはいよいよ、これらを組み合わせて、1つの眼鏡としての工程が始まります。

DSCN3231.jpg

セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”では、ネジはステンレス、その他の金属は全てチタンを使用しています。
これらも『歩』“AYUMI”のこだわりのひとつです。

ここまで来る間にも、とてもたくさんの工程を経ていますが、
ここからも、まだたくさんの工程があります。
そしてここからは、全体のフォルムを確認しながら、
この眼鏡とよりじっくりと向き合っていくことになります。

完成まで今しばらくお時間を頂戴いたしまして、
9月下旬にはお取り扱い店様にお届けできる予定でございます。

日本のものつくりは、作っているものとじっくり向き合うことだと思います。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/09/05(月) 06:18:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<職人の手が生み出す優雅なライン | ホーム | セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に携わる職人達>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/369-e5567f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる