セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

新しい色合いをご紹介いたします。

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

「お盆が終わると、すぐ秋が来てしまう。」と昔、祖母がよく言っていましたが、
この頃、なかなか来ないのです、秋が。
生活様式も、やはり日本で長く続くことが基本にはなっていますが、
昔とは違ってきた気候や食生活に合わせて、徐々に変化しているのは、
確かです。

そんな、まだまだ暑いと感じるこの季節に、少しだけ秋の感じの加わった
眼鏡をご紹介いたします。

歩L-1022 Col.6296 (ブラウンモザイク)

DSCN3128.jpg

濃いブラウンと薄いブラウンが入り込み迷彩的でもあります。
鼻にあたるパッドと呼ばれる部分は、『歩』“AYUMI”独特の作り方によって
チェック調に仕上がっています。

DSCN3136.jpg

このセルロイド生地色は、ここ数年の間に新しく作られた色です。
セルロイドという素材が昔から持つ得意な性質を生かしながら、
このような新しい色合いにも挑戦しております。
昔から続くセルロイド独特の色合いも、新しい色合いも大切にしたいと考えています。

 先日、アメリカの方からの取材がありました。

DSCN3120.jpg

(詳細は、また後日お話させていただきます)

すごいカメラを何台も持ち替えて撮影するカメラマンがですが、
「この眼鏡を写すのは、とても難しい。このテイストや、スピリットを完全に表現できない。」と、
言い残して帰られました。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、是非、直接手にとってご覧になってください。

 

先日お問い合わせいただきましたお客様にご連絡いたします。
お問い合わせありがとうございます。
お訊ねのモデル/カラーは、
『歩』“AYUMI”のお取扱店
長野県上田市 張田屋眼鏡院 様 にてご覧いただけます。
どうぞ、是非お出掛けください。
20131023_1668553_t_20160821154458020.jpg
こちらのお店には、現在のセルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”がほぼ全種類ございます。



日本のものつくりは、基本を大切にしながら、さらに少しでも良くしようという心がけがあると思います。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。







テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2016/08/22(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”に携わる職人達 | ホーム | 落ち着きと華やぎを併せ持つ眼鏡をご紹介いたします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/363-abfa6f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる