セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

手間を掛ける眼鏡

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”のブログを訪れていただき、
ありがとうございます。

なんだか、賑やかな子供の声が聞こえると思いましたら、
海の日でお休みということもありますが、いよいよ夏休みが始まったようです。
こちら福井ではすっきりとした夏が来るのは、もう少し後のようです。

今日は、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”の大きな特徴を、一つをご紹介いたしましょう。
眼鏡の鼻にあたる部分を、通称 鼻パッドと呼んでおります。
『歩』“AYUMI”は、この部分を、眼鏡を快適に掛ける上で、とても重要な部分と考えております。
ですので、この部分には私達の考える最も良い方法を選択しています。
それは、同じ生地を溶着させてからの削り出しです。

DSCN2988.jpg

このなめらかな曲面は、数多くの『歩』“AYUMI”を作り上げてきた職人の経験値で作られます。
どんな精密な機械でも真似することのできない、なめらかな人間の手の動きと手加減 で仕上げて行きます。
掛ける方に思いを馳せながらの黙々とした地道な作業です。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”は、掛け心地を最優先に作られますので、手間を惜しむことはありません。

DSCN2991.jpg

「どんなにたくさんの眼鏡を作ったとしても、お客さんが掛けるのは、1枚。
だから、1枚たりともおろそかに作ってはいけない。」
福井県での眼鏡産業の祖である増永五左エ門を祖父に持つ、当社 会長の言葉です。

日本のものつくりは、使う人に思いを馳せながら作ります。
セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI”を作る様子を、こちらの動画でどうぞご覧ください。
また来週も、このブログでお会いできましたら幸いでございます。





テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/07/18(月) 07:06:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ただ、薄く軽いだけではありません。 | ホーム | 熱い心を表に出さない眼鏡 ご紹介いたします。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/357-30ace594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる