セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

重厚なモデルをご紹介いたします。

本日も、セルロイド眼鏡『歩』“AYUMI” のブログを訪れていただき、
誠にありがとうございます。

一日ごとに、春から夏への移り変わっていく季節を感じております。

さて、今日は、『歩』AYUMI の中で最も重厚なモデルをご紹介いたしましょう。
しっかりとした厚みと大きさを持つモデルです。
きっと、この外見から、かなりの重さと硬さ を想像されると思いますが、
掛けてみられた瞬間に、この想像は裏切られることと思います。

AYUMI 043 col.0610(ブルーグレー)
FullSizeRender_convert_20160522153056.jpg
セルロイド眼鏡『歩』AYUMIは、掛ける方のことを考えながら
たとえば、厚みの強弱であったり、
たとえば、丸みの施し方であったり、
私達のできる事に全力を注いで作らせていただいております。
それらが影響する 掛け心地というのは、言葉ではなかなか言い表すことは難しいのですが、
あるお客様がこんな言葉をくださいました。

   「やっぱり、気付くと AYUMIばかりを掛けているのです...」

現在、たくさんの『歩』AYUMIをお試しいただけるイベントを開催中の
島根県松江市
グラスバレ様 
このイベントは、 5/20(金)~5/31(火)開催しております。
期間中の 5/29(日)には、珈琲と『歩』AYUMI が協奏するという新しい試みの催しがございます。
このスペシャルな催しをどうぞお楽しみに。
そして、この言葉をくださったお客様が グラスバレ様のお客様 ということも 付け加えさせていただきます。

重厚で頑丈な門をくぐると
DSCN2847.jpg
堅牢な石垣があります。
DSCN2842.jpg
お城は、見る人に強いイメージを与えます。
ですが、その裏には必ず 繊細なものづくり が存在しています。

日本のものつくりは、いつの時代も繊細です。


来週もこのブログでお会いできましたら、嬉しい限りでございます。


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/05/23(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<機内で、マコト眼鏡の眼鏡つくりの様子をどうぞごらんください。 | ホーム | 熟成されたワインのような『歩』“AYUMI” ございます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/346-4f8abfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる