セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

見つめられて

今日もこのブログを訪れていただき

ありがとうございます。

今年の福井は雪が少なく、

いつもは雪の下になっている植物も

顔を出しております。

ふと、

誰かに見つめられているような気がして、

のぞきこみましたら、

青い眼 がこちらを見つめておりました(笑)

これは、玉龍という植物で、「 龍のひげ 」という別名があるそうです。

確かに、青い実が、龍の眼に見えます。

DSCN2535.jpg




さて、皆様は、並んでいる眼鏡をご覧になった時、

最初に目に入るのは、眼鏡の色ではないでしょうか。

DSCN1631.jpg
まず、気になる色に目がいきますよね。


それでは、同じ色が並んでいた場合は、いかがでしょうか。

5122 4 型1
形や大きさや太さが、今度は気になりますでしょう。



1つずつご覧いただきましょう。

四角めな、
1010 5122
 歩L-1010 Col.5122 (アユミブルー) ¥29,500(税別)

ちょっとふっくらした楕円のような、
1020 5122
 歩L-1020 Col.5122 (アユミブルー) ¥29,500(税別)

涙の形のような、
1016 5122
 歩L-1016 Col.5122 (アユミブルー) ¥29,500(税別)

う~ん、言い表すのは難しいけど
1017 5122
 歩L-1017 Col.5122 (アユミブルー) ¥29,500(税別)


 同じ色の中でも、このように 形が違うものがございます。

 少し形が違うだけで、印象は大きく変わります。

 それぞれのご自身が持つ特徴を、強めたり、緩めたり

 眼鏡は、不思議です。


 どうぞ、同じ色でも 形の違うものを掛けて

 是非、比べてみてくださいませ。





それにしても、 龍は 

架空の生き物ということもあり、

何とも神秘的な存在です。

青い眼が、更にその魅力を増しているようでしたら、

5122 

アユミブルー も 見逃せない 存在です。

あなた様の お眼鏡に適(かな)う に違いありません。




それでは、また来週もお目にかかれますと

幸いでございます。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2016/02/08(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チョコっと。 | ホーム | 鬼のように。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/329-b4bea310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる