セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

きりっと、引き締める の 巻


運河沿いに、古の商家が並ぶ

絵葉書のような風景

ここは、愛知県半田市

その昔、船頭さんが漕ぐ船が行き交って

きっと賑やかだったのだろうと、想像してみます。

DSCN1914.jpg

それにしても、この風景を、きりっと引き締めているのは、

黒い壁と、 白い漆喰(しっくい)、白い屋号

日本人の心の中には、黒と白 という色の観念が

特別に存在するような気がします。

DSCN1920.jpg
AYUMI歩 045 Col.0907W (黒/白ライン)   \ 32,000 (税別)

わずか1本の白いラインですが、

そして、自分は見えませんが、

ほかの人からの目線は、まず最初に

必ずこのラインに集中します。

「ハッ」とさせる 演出もいかがでしょうか。


少し軽やかな、紺色バージョンもございます。
DSCN1923.jpg
AYUMI 歩 045 Col.5122W (アユミブルー/白ライン)   \ 32,000 (税別)




 私たちの住んでいる 福井県は、こんな地形になっておりまして、

 山も海もわりと近くに同居しています。

 IMG_3241+(2)_convert_20150614142034.jpg

海際には、山が迫っており、たいがいの海岸線は、

このように 片側は海 片側は山
DSCN1917.jpg
カーブしながら延々と続きます。

この日の日本海は、まれにみる なぎ状態で、

DSCN1916.jpg
波が、まったくありません。

なんだか物足りないです。

ほうら、やっぱり

00002978L_convert_20150614152449.jpg


白波、必要ですね♪

  1. 2015/06/15(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<透け感 の 巻 | ホーム | 歩 L−1017 再生産いたします の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/292-4e19d088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる