セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

撮影テクニックを学ぶ講座 の 巻

さすが、立春ですね―。

なんて、書いた途端に、この雪模様 (泣)

いえいえ、「 冬きたりなば、春遠からじ 」でございます。

DSCN1492.jpg

そんな 雪に見舞われた 先週、

お友達に誘われて 、小田和正コンサート までお出かけしてきました。

DSCN1500.jpg
小田さんも、67才。

若かりし頃に聞いていた曲も、年齢を重ねて今、聞くと

また、感じるものが違うんですね。

「なんで、こんな天気の悪い季節にくるんだよ~ って、思っているよね? 」

と、ご本人も言ってましたが、始まったら、みんな雪のことなど忘れ去っていましたっけ(笑)





 そうそう、先週の告知で 「 撮影テクニックを学ぶ講座 」 に行って来ますと いうことで、

 その写真が、これです。

DSCN1485.jpg

 * ケーキ コーヒー付き  だった 訳は、

 これを、撮影するという課題のためで、

 優雅なお茶の時間とは、ほど遠い感じの

 真剣な 撮影タイムでございました。 

  (まあ、一心不乱に習得しようという私にとっては、望むところでしたが,
もちろん、ケーキの乾燥や、コーヒーの冷め具合など、全然気にしませんし―)




 さあ、その成果を、ご覧あれ。

DSCN1509.jpg
ん? あまりかわってない と ?

まあまあ、気にしないで。

DSCN1511.jpg
 AYUMI C-306 COL.6052  薄型タイプです。

こちらは、ブラウン色なのですが、良くあるビール瓶のようなブラウンより、

  透け感があり、眼鏡が顔に溶け込みます。

  強い色で主張したくない時は、お勧めです。

  色々なお洋服にも、合わせやすく、

  ほんわかとしたイメージになります。
 
  大き目シェイプです。

DSCN1506.jpg

 「 撮影テクニックを学ぶ講座 」 で習った ポイントを少し

 ① カメラを構えて、脇をしめる。

 ② 手ぶれを防ぐために、2秒タイマーを使う。

 
   そして、講師の方が おっしゃった一番大切なことは

  常にカメラを持ち歩いて、たくさんたくさん写真を撮ること。

   そしたら、中に1枚ぐらい良い写真があるかもね。   

    って、ことでした よね  先生 ?

  1. 2015/02/16(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あれもこれも 日本 の巻 | ホーム | 気品高い形 の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/274-49bdb7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる