セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

雪と、眼鏡産業の父


みなさま こんにちは。

 地震 雷 火事 おやじ は、昔から怖いものとされてきましたが、

 先週末から、福井は「 ドド―ン ガラガラ!  バリバリ-ッ !」 怖いっ。

 称して、この時期、 雪かみなり といい雪のはじまる合図です。

 そして、いよいよ雪が。

 全国ニュースでも、福井が、と取り上げられていましたが、

 一晩で、だいたいこのぐらい。 すっごく重い。水分たっぷりです。

DSCN1327.jpg

毎年、雪がやってくると、私が真っ先に思い出すのは

このお方
img-003.jpg
増永五左エ門 翁

 当社の会長の祖父でもあり、 眼鏡産業の父とされています。

 当時、福井では、冬に雪が積もってしまうと仕事がなく貧しい生活を

 強いられていたのです。 何か、家の中でできる仕事はないだろうかと

 眼鏡を作る職人をよんで、地元の人たちに教えたのが福井が眼鏡産地となった始まりです。
 
 わかりやすいHP をみつけました。どうぞ
  福井歴史王 発掘 →コチラ をご覧ください。

そして、それから100年以上たった現在、

私たちは、当たり前のように、毎日眼鏡作りに取組んでいます。

この方が、もし、そう考えなかったら、 この地は、今はどんな風になっていたのだろうと

ふと考えてみるのです。 

だから、今私たちの考えることが、後世に、100年後に何かの形になることもあると考えると、

今を生きる私たちの責任は、とても重いのだと感じます。




そんなこの地から、発信している眼鏡 歩AYUMI です。

歩AYUMI は、艶々感にとても注目されることが多いのですが、

実は、

奥ゆかしい、雪の肌のような つや消しの歩AYUMI もございます。

歩043 Col.0907M
DSCN1324.jpg

歩 L-1016 Col.6057M
DSCN1325.jpg
 つや感とは、また趣の違うタイプの、存在感です。

 どうぞ、つや消しタイプも、是非お試しください。


*    *    *    *    *  


雪、といえば 白熊くん。

本当の雪の中にのせててあげたら、
DSCN1323.jpg
何だかもうれしそうな表情♪ (に、見えますよね。)



 
 さて、この師走に、歩AYUMI をお試しいただけるイベントです。

   東京都 福生市の
 
     メガネの川島 さんで  このようなイベントが 開催されております。
 201412032137329a1_convert_20141207194232.jpg

 カムロさんも、歩AYUMI も両方お試しいただけるようです。

 どうぞ、是非、お出かけくださいませ。


  
 
 最後に、業務連絡でございますが、

 歩AYUMI 025 久しぶりの再生産でしたが、

DSCN1199.jpg
Col.0907 ( 黒 )   は、完売御礼でございます。 

他のカラーも、残りが少なくなってまいりました。

カラーバリエーションは、 コチラのブロコグ で。

 ご希望の場合は、どうぞお早めにご連絡くださいませ。



*   *   *   *   *   *   *   *
  
  本格的な冬シーズンの始まりですね。

  皆様いろいろとお忙しいと想いますが、どうぞご自愛ください。


  
 

テーマ:みんなに知って貰いたい事 - ジャンル:日記

  1. 2014/12/08(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り返れば。 の 巻  | ホーム | 歩AYUMI って !!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/263-2d5e6795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる