セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

文庫本 と、 セルロイド眼鏡

お布団に入って眠くなるまでの

少しの時間、私の至福の時なのですが、

緩やかな灯りの中で、

今日起こった全ての日常を忘れて

お話の世界に没頭する時間。

0310.jpg



好きな作家さんを見つけると、

次々とその人の書く小説を読み続ける傾向があります。


だけど、2作品目に入ったら、

なんとなく、読みにくい気がして、

これは、どういう訳だろうと、

私なりに考えたわけですね。



これが、読みにくいと感じた文庫本です。

FSCN0782.jpg

本の綴じてある部分ぎりぎりまで、印刷されていて、

文字が、影になる訳ですね。



ちなみにこちらは、すらすらと読めた1作品目の文庫本です。

FSCN0783.jpg

本の綴じ目から少し離れたところから文字が印刷されていて

影になっていません。


 この2冊は、違う会社から出版されていて、

 印刷会社も違っています。


 こんなことが気になるのは、きっと年齢とともに視力が弱っているし、

  寝ながらよむ腕の体力が落ちてきているからなんだと

  思いますが(笑)


 そして、もう1つ違いを見つけたわけなんですが、

  片方の本の最後には、

   落丁本、乱丁本は、購入者 店名を明記のうえ、小社業務部あてにお送りください。
 
   送料は、小社負担にてお取替えします。


    こちらは、ずっと昔から、どの本にも書いてあったような気がします。


  そして、もう片方の本の最後には、

   造本には十分中しておりますが、印刷、製本等製造上の不備がございましたら、
   
   xxx-xxxx-xxxxまで、ご連絡ください。


  
    こちらは、何だか人間対人間っていう感じが しました。


  おなじように見える文庫本にも、いろいろあるんだなと。


  古くからの物事を踏襲しながらも、良い方向に、少しずつ変更していくのは、

   必要ですね。

    
   私たちの眼鏡作りも、まさしくそのとおりだと思いました。


  さて、その本を読んでいて、 興味ある文章が、

  「 ふいに呼び止められ...中略  トレンチコートを着た同年代の男がそこに.. 中略

   セルロイドの眼鏡をかけている。」

   
   目に浮かびました、黒いプラスチック系の眼鏡をかけている男性が。

   きっと、作者さんは、メタルの眼鏡 じゃなくて という意味で書かれたと思います。

   世間でも、プラスチックの眼鏡を、通称 セル枠 と呼びますもの。

   
   ですが、現在では、プラスチック系の眼鏡の大部分は、アセテート眼鏡。

   セルロイド眼鏡は、本当にわずかになっているのです。

   セルロイドは、とても優秀な素材なのですが、

   加工がとても難しい素材だからなのです。

 


  その、本当にわずかになってきた 

セルロイド眼鏡の中の 『 歩 』 AYUMIです。

 歩AYUMI は、すべて 正真正銘の セルロイド眼鏡 と書いてくださっても

 間違いありません(笑)


  さあ、

 新型の歩の製作が、そろそろ最終段階に近づいて参ります。

 首を長~くしてお待ちいただいている皆様

 本当にありがとうございます。

 
 ただいまのところ、

 出来上がりました順に、3/14頃から3/20頃の間に

 発送させていただく予定でございます。

 
 出来上がり 1番手は、

 歩L-1018

DSCN0657.jpg

DSCN0656.jpg

DSCN0655.jpg

 続いて 2番手は、

  歩L-1020

DSCN0661.jpg

DSCN0659.jpg  

DSCN0662.jpg

 これらの色以外にも、IOFTでご注文いただきました 特別バージョンが

 実は、ございます。

  

 そして、3番手は、 歩 043 です。

 こちらは、来週月曜日のブログでご紹介させていただきます。





 

 最後になりましたが、明日は、東北大震災から3年。

 特集されるその時の映像を見て、

 被災された方々に対して、

 私たちなりに何かできる事があるかを

 改めて考えてみようと思います。




 

 
 

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2014/03/10(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生の春あり、 合戦あり !? | ホーム | ひな祭りは、かとちゃんの眼鏡日記で。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/212-1dca76d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる