セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

身近にある ということ

土曜日と、日曜日の

まさしく 春の嵐

皆様、大丈夫だったでしょうか。

 桜の季節が終わってしまうことを惜しんで

 「時間よ、止まれ..」と、書いていらっしゃった眼鏡屋さんが

 ありました。
 
 まさしく、私もこの満開の桜の前で、そう思いました。



 
 この桜の木は、我が家から徒歩3分ほどのところに。

 私は、ここに何十年と住んでいたのに、この桜を見つけたのは

 今年のこの日が初めてでした。

 鯖江といえば、桜の名所と言われる有名な西山公園がありますが、

 その西山公園にでさえも、こんなに見事な桜は、あまりありません。


 
 「注目の集まるものばかりに、気をとられて

 身近にある大切なものを見落としてはいけないよ。

 私は、誰が見ていても見ていなくても、

 毎年精一杯の花を咲かせて成長しているんだ。

 それが、私の仕事だからね」



 
  桜の木が、私にそう言いました。




 私の身近にある、大好きな和菓子は、

  越の 雪中梅

 中に、梅の甘露漬が一粒入って桜色の餡に包まれてます。


DSCN0125_convert_20130407174209.jpg

そして、薄く白いお餅に包まれて 梅が雪に覆われているよう。

DSCN0141_convert_20130407174500.jpg

 
DSCN0140_convert_20130407174417.jpg

 このお菓子は、40年以上もつくり続けられています。

 この変わらない姿勢も、わたしたちの心をつかんでいる理由のひとつですね。

                                   

 この 雪中梅のお菓子を作っていらっしゃる職人さんたちに

 会いに行って参りました。

 どうしても、トライしてみたいことがありましたから...


   そのお話は、来週させていただきますね。


 いよいよ 来週は、東京での春の展示会です。

  COME http://come-eyewear.com/

  (残念ながら、眼鏡店様対象の展示会でございますので、
    一般のお客様には、ご覧いただくことはできませんが)


  日本のきめ細やかさをまとった 歩AYUMI を

 
 お取引店様も

 
 まだ、ご覧になったことのないお店様も、


 どうぞ、身近にご覧ください。


 

                                   
 
  それでは、

 まず、一番身近にある大切なもの!!!! を

 大切にするといたしますか 。


鬼将軍


  ふっ。

テーマ:今日のしあわせ - ジャンル:日記

  1. 2013/04/08(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<私の名前は、らくがん と申します。 | ホーム | 春の夜の夢うつつ>>

コメント

花祭り

おりしもお釈迦様生誕日、
「あれを見よ、みやまの桜咲きにけり、真心尽くせ人知らずとも」と親鸞聖人が詠まれた句と同じですね。
身近な人の後光がさしている気がしました。
  1. 2013/04/08(月) 09:58:48 |
  2. URL |
  3. オタンコナース #/TodEZJs
  4. [ 編集 ]

オタンコナース さん
良い句をありがとうございました。
さすが、親鸞聖人ですね。
三十一文字で教えられてます、凡人の私は、
どう文章にしようかと四苦八苦で、
修行がたりませぬ..
  1. 2013/04/08(月) 13:03:09 |
  2. URL |
  3. マコト眼鏡 #a2H6GHBU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/156-97baad2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる