セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

春の夜の夢うつつ

天皇陛下が、

歩AYUMIの工場にいらっしゃいました。

工場の中を見学されながら、スタッフに声を掛けてくださいます。

「とても手間のかかる仕事ですね。がんばってください。」

そして、最終仕上げの工程で

天皇陛下「掛けてみてもいいでしょうか」

私「はい、この中のどれでもどうぞ。」

 と、仕上がったばかりの歩AYUMIを

20枚入りのパレットごと、差し出させていただきました。

 心の中では、

 (もしかして、天皇陛下にお見せする場合は、
   卒業証書を入れる黒いお盆のようなものに載せて
   陛下のためだけにお作りした1枚をお見せするのかしら。)

  などと、思わないでもなかったのですが、

 陛下は、パレットの中の一枚をお取りになって、

   「掛けここちの良い眼鏡ですね。皆さんの努力が感じられます」と、おっしゃいました。

 皇后陛下は、隣で微笑んでいらっしゃって、

   「私にも、合うものがありますか?」

  私 「きっと、Lシリーズの アユミパープルがお似合いになると
 
    思います、もしくは、薄墨桜色も。」

  皇后陛下 「薄墨桜とは、良い名前ですね。

        桜の季節ですから、印象深いですね。」

  そして、車に乗り込まれる前に、

    「かとちゃんのメガネ日記、毎回楽しみにしてますからね。」

  そして、桜吹雪の中、黒塗りの車がすべるように出発してから、

   へっ、もしかして皇后陛下って、プログチェックしてくださってるんだ!!!

  かとちゃんと私が抱き合って、小躍りしているところで、目覚ましが鳴った。

 
L-1013 col.1228

もう少しだけ、余韻に浸っていたかった...




 
  春は、ぬくぬくと、そして美しいですね。
    
  0401 004
  
 冬の間、お世話になりました。

  スノータイヤの皆様、お疲れ様でした。

  しばらく、ゆっくりお休みください。


0401 002



   いよいよ、4月。 よーい、ドン!



テーマ:ひとりごと…雑記…きままに - ジャンル:日記

  1. 2013/04/01(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<身近にある ということ | ホーム | 春は、COME に来て!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/155-5b74aeaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる