セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

もちつきと、振袖と。

今日は、成人の日ですね。

こちら鯖江市では、昨日成人式が行われました。

我が家にも、成人式を迎える息子一人あり、

今回都合で参加できませんでしたが、

やっぱり成人式の華は、女の子ですよね。


成人式出席の娘さんを持つ友人に話を聞いたら、

高校卒業と同時に、振袖のダイレクトメールが届き始め

一年以上前からの着物や着付けの予約、

そして当日の送迎まで、一大イベントらしいですよ。

大変ですね...


そんな1日、私は、何年後~何十年後の成人たちと、

もちつきの1日を過ごしました。

お手伝いしているボーイスカウトの行事です。

4
 
楽しいっ!と、いいながらお餅を丸めていた子供たち。

5

つきたてのお餅を、めちゃ、うまいっ!と、一生懸命食べていた最年少のビーバー隊の子供たち。

1
 大きくなっても忘れないのは、こんなふうに実際に経験したこと

 ですよね。

 今は、とても刺激的な架空の世界で遊ぶゲームがもてはやされて

 いるけれど、自分が持った重たい杵(きね)や、触った熱いお餅の感触

 これは、なにものにかえられない貴重な体験です。

 何のこだわりもなく楽しんでいる子供たちの姿に、心癒されました。




 さあ、歩AYUMIもスタートをきりましたよ~。

 今年最初に出来上がりますのは、

 こちら、歩AYUMI Lー1010 のリピート
1010-1

 薄型タイプのスクエアです。前回の発売では、BLACK は、またたくまに

 無くなってしまいました。こちらも、2年ぶりのリピート上がりです。

 大変お待たせいたしました、1月20日前後に発送を開始いたします。
1010-2

歩AYUMIには、営業マンがおりません。

歩AYUMIのお取扱店は、何をもって「歩」というのかを

よくご存知です。

そして、歩AYUMI自身が、お店やお客様に訴えかけます。



ですから、私たちは、自信を持って歩AYUMIだけを送り出します。


2

1

トランク君の妹、サンプルちゃん

どうぞよろしくお願いいたします。


「サンプルちゃんに会いたいんですけど。」

 そんな風に、声掛けてくださいませ。


*******************************************************************************


 
 息子「成人式、行きたかったけどなー。」

 母 「あなたの代理で、お母さんが成人式が行ってあげようか~。」

 息子「それ、無理でしょ。」

 母 「振袖着ていけば、紛れられるかも♪」

 息子「怖すぎ... 」 





テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

  1. 2013/01/14(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<くまもん、さばにゃん、ちかもんくん | ホーム | 美の壺のプロフェッショナル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/143-3a42ece9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる