セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

華奢で、繊細な 歩AYUMI

華奢(きゃしゃ)
 意味 ほっそりして、よわよわしいようす。
    こわれやすいようす。

繊細
  意味 細くて美しい事。

 
この二つの言葉は、

 私には、何の関係もないような言葉でございます(泣)、

 この2つの言葉を兼ね備えている  知り合いが おります。

 そう、歩AYUMI Lシリーズ です。

 こちらは、歩Lシリーズ の中でも一段と、華奢で繊細な

< 歩AYUMI L-1007 >

歩L-1007

しかし、

 ほっそりしていて、よわよわしい、こわれやすそう な

イメージをかもしだしながら、実は芯の強い、凛とした作品なのです。

歩L-1007 サイド

 それでは、このLシリーズのお話を、

かとちゃん、お願いいたします~

0924-1

0924-2

0924-3

0924-4

 そうなんですよ。

 セルロイドは、固くて強い反面、とてもデリケートな素材です。

 歩AYUMIは、すべてセルロイド。

 
 歩AYUMIを取り扱うお店さんは、

 削ったレンズをいれたり、

 お客様の顔にあわせた調整される時

 セルロイドの特性を把握しながら、とても丁寧に、優しく

 扱われています。


 まして、このLシリーズのように

 薄くて、細くて という条件も加わりますと、

 さらに、さらに

  丁寧に、丁寧に、やさ-しく、やさ-しく

 加工して下ってます。


 そうして、歩AYUMIが、お客様の元に届き、

  気持ちよく掛けていただけるという訳なのです。


 

  この華奢で繊細な歩AYUMI Lシリーズの
 
  本当の芯の強さと、凛とした様子、そして掛け心地は、

 この画面だけではお伝えできません。

  是非、お店で実際に手にとってご体感くださいね。



  もし、お近くでしたら、

    三田の グラスフィッターササダ 様に、30日まで

   トランク君、伺って、がんばってます。 お待ちしております♪

  
  トランク君

さてさて、じわじわと、

 眼鏡の国際展示会 IOFTが近づきつつあります。

 今回、この展示会で発表する 新しい歩AYUMI たちは、

 3型。どれも、Simple is best !

歩AYUMI のポリシーでもある、基本に忠実な、眼鏡になります。
  

IOFT 2012

 さて、明日は、招待状に とりかかりますよっ!!


  
  1. 2012/09/24(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈良のご縁と、お月見会 | ホーム | 業界用語の  蝶(ちょう)って、何やねん!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/127-cb9fb333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる