セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

業界用語の  蝶(ちょう)って、何やねん!

今頃になって、調子の出てきた

朝顔です。

もうすぐ、秋なんですけど...(笑)

 持ち主似でしょうか。

朝顔

前に、影郎さんのブログで

「蝶(ちょう)って、なんやねん?」的なお話を

書かれていましたが、

   そのブログは、こちら
   http://kagero-dw.jugem.jp/?day=20120828


蝶をご確認くださいVERONICA
「 蝶(ちょう)って、眼鏡の鼻あて部分のことやった!」 

という結論でした。

  俗にいう、業界用語ですね。

 まあ、「ザギンで、しーすー。」{ 銀座で寿司 ♪ )み・た・い・な・・・・

 
 しかし、鼻あての事を何で 蝶(ちょう)って、いうんでしょうか。

 これは、私の推測の域を超えませんが、

 形が、蝶(ちょう)に、似ているから ですね。きっと。

 ほらね!     ちょっと微妙ですかーっ?

蝶1

 それでは、2つにカットする前の形を。  ほらねっ!!

  ちょうちょ より、クリオネに似てる気もしなくもない...
  
蝶2

 ほとんどのプラ枠は、このように蝶を貼りつけてあります。ふむふむ。

蝶貼り枠

 なんとなく、蝶(ちょう)の謎は、解けたような、解けないような...




でもね。

  歩AYUMI は、違うんです。


こんなふうにして、
 
裁断

それでもって、こんなふうにして

押さえ

こんなふうに、びゅーんとして

内径

さらに、びゅーんびゅーんで感じで

外形

そこへ、これですわ。
コッパ貼り

ほれ、裏からみたら、まあこんなんですわ。

こっぱ

しまいには、

ほれほれ、どないでっか、ピカピカツルツルでっせ!

(今どき、こんなコテコテの関西弁をつかう人は、いないらしいけど....笑)

出来上がり
 
 どやさっ! 






もうすぐ 82歳になる 当社の会長ですが、
一念発起して、たばこを辞める 決意を。

やすり2

「いらなくなったタバコ代で、宝くじを買って、
 当たったら私に少しくださいね~。」
 と、アドバイスしておきました。

 がめつい優しい 嫁ですう~


 今週も、ブログを読んでいただきありがとうございました!

来週は、かとちゃんのめがね日記です、お楽しみに ♪



  

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2012/09/17(月) 05:00:00|
  2. 作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<華奢で、繊細な 歩AYUMI | ホーム | あゆみちゃん>>

コメント

そこが大事!

歩フレームの『掛け心地の良さ』はこの“蝶”によるところが大きいと思います。
もちろん、枠全体の重量配分やテンプルの形状も大事ですが、
重心ともいえる鼻あて部は最も重要なポイントではないでしょうか。
丁寧に削り出されたAYUMIの鼻あては、かたち・サイズ・位置が絶妙なバランスを持っています。
歩フリークの私は、目立たない存在のこの“蝶”こそ、『歩』のポリシーの象徴だと思っています!
  1. 2012/09/22(土) 05:29:56 |
  2. URL |
  3. 実習生のおやじ #XZ039GEA
  4. [ 編集 ]

実習生のおやじ様
 ありがとうございます!
めがねの重心となる部分、まさにその通りですね。
掛けてみていただいて、初めてわかっていただけるという奥深さです。歩AYUMIにリピーターが多いのもこの理由だと思っております。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2012/09/23(日) 15:53:33 |
  2. URL |
  3. あゆみ子 #a2H6GHBU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/126-ceb12dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる