セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

空港と、しらさぎと。

今日は、空港へやってきましたよ。

いつもの出張なら、空港ではトランクを引いて、

先を急ぐ旅がほとんどなのですが、

今日は、私用。しかも、出発のお見送りという

ほとんど手ぶらの、お気楽バージョン。

 いまから、旅立つ飛行機たち。
 
 なんだか、見るだけでもわくわくします。

  飛行機

 ここで、CMです。

  デッキでのお見送りに欠かせないのは、サングラス。

  飛び立つ飛行機の姿がくっきりと、脳裏に刻まれます。

  まぶしさに邪魔されません。歩AYUMIの掛け心地は、

  サングラスでも、発揮されます♪ 

    以上、CMでした。
 
 


    と、眼鏡関係ブログとしての話題を取り繕ったところで(汗)
 

この空港まで乗ってきた 名鉄の 空港特急ミュースカイ のホーム
セントレア駅

 このセントレア駅のホームのゲートは、厳重な扉でガードされてます。

  新橋から乗る 無人システム列車ゆりかもめ のようです。

 でもね、運転手さんも、車掌さんも、ちゃんと乗ってます。

 そして、次の駅からは、ごく普通のホームになっちゃうんですけど(笑)

  名鉄さん、どうして、ですかー。
ゲート

  この空港特急 ミュースカイ。
 とっても、便利なのは、チケットホルダー。
 座席指定特急券をここにはさんでおけば、
 寝てしまっても、検札で起こされません。good job!
 
チケットホルダー




さて、最近いただいた、「さぎ草 」 

かれんな白い花が次々と咲いて、心魅かれます。

鷺(さぎ)という鳥に似ているからというのを聞いたので、

鷺(さぎ)って、どんな鳥だったっけ?と調べてみたら、

さぎ草

う~ん、白いっていうところは、似てるかもですが....

しらさぎ


と、思いきや、この飛んでる姿は !

名づけた理由が、わかりました !!

しらさぎ2



そして、名古屋からの帰りは、北陸と名古屋を結ぶ

 特急 「 しらさぎ 」に乗って。

 きっと、この姿に 鉄道愛好家の方は、心魅かれるのでしょうね。

 沿線で、カメラを持って待ち構えている 撮り鉄さんを

 たくさんみました。

 
しらさぎ 列車

 只、できることなら、「しらさぎ」列車にも、チケットホルダー希望です。

 寝入った頃に、「お休みの所、失礼いたしま~す~」の車掌さん、

 できれば、お休みの時は、失礼しないでほしい...です。JRさんへ。


  

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2012/09/03(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あゆみちゃん | ホーム | 眼鏡の国際総合展に向かって>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://makotooptical.jp/tb.php/124-d4d64990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる