セルロイド眼鏡 『歩』“AYUMI”

掛けやすさへの飽くなきこだわりから生まれた 『歩』“AYUMI”の話

あー、夏休み ♪

こんにちは。

 7月も、最終週となりました。

 さてさて、かとちゃん、この夏のバカンスの予定は...


0730-1


0730-2


0730-3


0730-4

 素敵!
 ぜひ、バカンスのおともに C-305。


 かとちゃんが、すいかとメロンを食べながら頑張って最終仕上げを
 行いました新型C-305.C306
 本日、発送させていただく予定です。
 ご注文いただきましたお店様、お待たせいたしました。

  うちの自慢の子たちです。どうぞよろしくお願いいたします!
 
  かけて、「あっ!」と、驚いてくださいね。

c-305.306
 (奥:C-305 COL.3024 手前:C-306 COL.5265)

 ちょっと一句  
  「本当は 大人が欲しい 夏休み」  





そして、

 ずっと、品切れ状態でご迷惑をお掛けしておりました 

 歩AYUMI L-1007
出来上がりましたので、ご報告させていただきます。

極薄タイプの歩AYUMI Lシリーズの中でも、際立ってシャープできりりとした人気のモデルです。

細い~っ、軽い~っ!!ほとんどの方が、そのように申されます。ハイ。

これは、セルロイドでできている 歩AYUMI だからこそ、可能な作品です。エッヘン

歩 L-1007  COL/401

ご用意できましたのは、

もちろん定番 COL.0907(黒)
L-1007 COL.0907
ゴージャスな  COL.9146(大理石)
L-1007 COL.9146
あでやかな COL.5339(赤ササ)
L-1007 COL.5339
しっとりとした COL.0674(アユミパープル)
L-1007 COL.0674

そして、新しく加わりました

 COL.1243/907 (ハーブティーカラー)
フロントは、ハーブティーのようなゆらめきで、優しく。
 だけどテンプル部分は、きちんと黒で整えました。

L-1007 COL.1243/907

そして、この、35度を超す 真夏バージョン。
氷 氷歩AYUMI(こおり あゆみ)はじめました

COL.6050 (氷の色)
L-1007 COL.6052

 影郎さんのように、オーダーシートなるものを送るべきかしらん?




先週まで 歩AYUMIのトランクくんがお世話になっていました

 三重県 津市の オプト ホリ さん。 

トランク君を送りがてら、鯖江までドライブして来られました。

 今回のオプトホリさんのトランクショーでも、
  たくさんのお客様に、数々の歩AYUMIが嫁いで行きました、ありがとうございました。

 そして、ホリ店長が、

 「 歩AYUMI を一度買われたお客さんが、もう一枚同じものをくださいって、

   いらっしゃるんだよね。 それも、一人や二人じゃないんだよ。

   こんなことがあるのは、歩AYUMI のメガネだけかもな。

   トランク君が届くより先に、店のシャッターの前で待っていてくれたお客さんもあったよ。」



     ありがたくて、言葉になりません(涙)

 
 店長は、歩AYUMIと、一緒に、出来上がったばかりの特注 歩AYUMIのサンプルケースまで、

 「このケースも、売ってちょーだい!」 と、お買い上げになりました。


   このサンプルケースは、眼鏡の工場や、営業さんのプロ仕様です。

  この6枚いりケースは、もしご希望のお店様がございましたら、実費にはなりますが、
 ご用意させていただけると思います。マコト眼鏡まで、どうぞ、お問い合わせください。

  歩AYUMIユーザー様は、お買い上げのお店へお問い合わせくださいませ。


歩ケース





テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2012/07/30(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

『歩』“AYUMI”

Author:『歩』“AYUMI”
『歩』“AYUMI"は、眼鏡メーカーである、マコト眼鏡のオリジナルブランド。
福井県に眼鏡を持ち込んだ始祖、増永五左エ門の血を受け継ぎ、誠実な姿勢で眼鏡をつくり続けています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる